【データ配信レポート】
J-REIT不動産価格指数(2016年1月分)

 研究統括部 研究員 川村 康人

<本指数の概要>

  • J-REIT不動産価格指数は、J-REITによる不動産/不動産信託受益権の取引データを利用し、取引価格の通時的な変化を月次で算出・指数化したものです。
  • 不動産の面積規模・交通利便性・建築後年数などの立地・建物属性に関して、同等条件を仮定した場合の価格指数 (Constant quality price index) を、統計的手法(ヘドニック法)を用いて算出しています。したがって、本指数は経年劣化の影響を含まない、市況の変化に伴う価格変動を表しています。
  • 対象用途は「オフィス」、「オフィス+都心型商業」、「住宅」の3用途です。
  • 本指数は、今後、予告なく変更、更新、または公開停止される場合があります。
  • その他、本指数の注意点に関しては、図表下の注釈をご参照ください。

<指数の算出結果>

J-REIT不動産価格指数 2016年1月

出所)三井住友トラスト基礎研究所
注1)2006年~2010年(5年間)の算術平均値を1.00として指数化しています。
注2)価格時点は、不動産/不動産信託受益権の引渡時点を表しています。
注3)傾向を読み取りやすいよう、年間移動平均値(中心化移動平均値)としています。後方移動平均値の場合は計算結果にタイムラグが生じますが、本指数はタイムラグの生じない中心化移動平均値を採用しています。このため、原則として直近約6ヵ月分の数値に関しては、将来の取引事例データの追加等に伴い改訂される場合があります。

<数値データのダウンロード>

こちらよりCSVファイルをダウンロードいただけます。

【関連レポート】

不動産取引価格指数・キャップレート指数が表す不動産市況 (2016年1月14日)

・(リサーチカフェ)不動産価格の「今」をタイムリーに知る (2015年3月6日)



※ レポート・情報コラム リサーチカフェ・ニュースリリースを選択したキーワードにより絞り込み検索できる機能を追加しました。 ⇒ http://www.smtri.jp/report_column/index.html




■ お問い合わせ先
 ⇒ お問い合わせはこちら(研究統括部)まで



  1. この書類を含め、当社が提供する資料類は、情報の提供を唯一の目的としたものであり、不動産および金融商品を含む商品、サービスまたは権利の販売その他の取引の申込み、勧誘、あっ旋、媒介等を目的としたものではありません。銘柄等の選択、投資判断の最終決定、またはこの書類のご利用に際しては、お客さまご自身でご判断くださいますようお願いいたします。
  2. この書類を含め、当社が提供する資料類は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成していますが、当社はその正確性および完全性に関して責任を負うものではありません。また、本資料は作成時点または調査時点において入手可能な情報等に基づいて作成されたものであり、ここに示したすべての内容は、作成日における判断を示したものです。また、今後の見通し、予測、推計等は将来を保証するものではありません。本資料の内容は、予告なく変更される場合があります。また、当社は、本資料の論旨と一致しない他の資料を公表している、あるいは今後公表する場合があります。
  3. この資料の権利は当社に帰属しております。当社の事前の了承なく、その目的や方法の如何を問わず、本資料の全部または一部を複製・転載・改変等してご使用されないようお願いいたします。
  4. 当社は不動産鑑定業者ではなく、不動産等について鑑定評価書を作成、交付することはありません。当社は不動産投資顧問業者または金融商品取引業者として、投資対象商品の価値または価値の分析に基づく投資判断に関する助言業務を行います。当社は助言業務を遂行する過程で、不動産等について資産価値を算出する場合があります。しかし、この資産価値の算出は、当社の助言業務遂行上の必要に応じて行うものであり、ひとつの金額表示は行わず、複数、幅、分布等により表示いたします。