海外市場調査部 主任研究員 北見 卓也(TAKUYA KITAMI)
海外市場調査部 主任研究員 

北見 卓也

主に米国不動産市場の調査分析を行っています。また、海外不動産市場の成功事例から、日本の不動産市場の発展に役立つ情報の提供に努めています。

専門分野

米国不動産市場の調査分析

プロフィール

経歴

不動産開発会社、不動産投資顧問会社等を経て、2009年より現職。国内不動産市場の投資調査分析を経て、2011年より海外市場調査部専任。主に米国主要都市の調査・分析業務、グローバル不動産投資環境のモニタリング業務を担当。これまでの担当エリアは米国(ニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ボストン、ワシントンDC等)、豪州のほか、シンガポール等の東南アジア諸国の主要都市。公益社団法人日本証券アナリスト協会の検定会員、および一般社団法人不動産証券化協会の認定マスター。

活動実績

担当受託業務

寄稿・出版

寄稿・出版

週刊エコノミスト 2016年1月26日号

「若者呼ぶ米ポートランド 全米一の成長は『脱・クルマ』」

寄稿・出版

週刊エコノミスト 2015年7月7日号

「オフィス賃料は伸び悩み 持ち家比率は過去20年で最低(米国不動産市場)」

寄稿・出版

不動産経済ファンドレビュー 2015年6月15日号

<Global Report>「ミレニアル世代を中心とする米国賃貸住宅市場の拡大」

寄稿・出版

週刊エコノミスト 2013年11月19日号

「NYで動き出す大規模再開発 米不動産市場が活発化」

寄稿・出版

不動産経済ファンドレビュー(不動産経済研究所発行) 2013年5月15日号

<Global Report>「国境を越えた『イスカンダル計画』の行方」

メディア掲載・講演等

講演

日本ビルヂング経営センター主催 CBAセミナー 2016年12月14日

「ワークスタイルの多様化で問われるオフィスの意義」をテーマに講演

講演

SMTRI主催セミナー「世界から注目を集めるポートランド再生物語」 2016年6月16日

「ワークスタイルの多様化で問われるオフィスの意義」をテーマに講演

記事掲載

週刊ビル経営 2015年4月27日号

ニッチ市場が「宝の山に」既存中小ビル再生事例 【クリエイティブ系企業がオフィス市場に与える影響等についてコメント掲載】

記事掲載

海外マンション資料集 2014年版 (不動産経済研究所発行)

豪州マンション市場概観インタビュー【豪州住宅市場の動向と日本企業による参入余地などについてのインタビュー掲載】