投資調査第1部 副主任研究員 田中 可久(KAKYU TANAKA)
投資調査第1部 副主任研究員 

田中 可久

インフラや公的不動産を投資対象とする市場におけるリサーチやコンサルティングに従事しています。投資家へのアドバイザリーを中心としつつ、案件を供給する自治体や運営に携わる民間事業者などへのサポートを通じて、投資市場の多様化・拡大に貢献していきたいと考えています。特にアセットマネジメントの視点における非上場/上場のインフラ・不動産ファンドは継続テーマとして取り組みます。
そのほか、リアルアセット(インフラ・不動産など)を支える、まちづくりやエリアマネジメント、都市・地域再生等についてもフォローします。

専門分野

PPP・インフラ、アセットマネジメント(インフラ・不動産ファンド、ファンド法制)、都市・地域計画法制

プロフィール

経歴

不動産科学専攻博士前期課程修了(修士(工学))。その後、国内証券会社にて、J-REITや国内外の私募不動産ファンドにおける組成・引受、国内外のプライベートエクイティファンド(インフラファンド含む)や投資信託(ヘッジファンド含む)における企画・導入調査など、ファンドプロダクツ全般に従事。2015年2月より現職。

・公益社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員(C.M.A.)
・一般社団法人 不動産証券化協会認定マスター
・一般社団法人 日本建築学会正会員

趣味

映画・書画鑑賞、ホテル・旅館巡り

活動実績

担当受託業務

寄稿・出版

寄稿・出版

不動産経済ファンドレビュー 2017年10月5日号

<Opinion>「Society5.0における"まち"づくり ~逆算からの規制刷新~」

寄稿・出版

不動産経済ファンドレビュー 2017年4月25日号

<Opinion>「米国インフラ投資(整備)における情熱と冷静の間」

寄稿・出版

日本交通協会機関誌 汎交通 平成28年度第2号

「空港事業民営化の概要とその推進に向けて」

寄稿・出版

オル・イン Vol.38 2015年冬号

「インフラ投資の分類と特性(不動産・インフラ投資 視点焦点 連載第3回)」

寄稿・出版

不動産経済ファンドレビュー 2015年5月5日号

<Opinion>「究極のオペレーショナル・アセット~日本のインフラ投資市場の“シンカ”」

メディア掲載・講演等

講演

Lab・未来創造 in 南町田 第4回 2015年11月8日

「何をするにもお金がいる! ~官民連携におけるファイナンスとは~」をテーマに講演