投資調査第1部 副主任研究員 向井 潤(JUN MUKAI)
投資調査第1部 副主任研究員 

銀行に在籍していた頃はディーリングルームにて金融マーケット動向(為替・株式など)の分析に注力しておりました。入社以来、主に携わっている住宅市場の動向分析や市場予測においては経済ファンダメンタルズが与える影響等、これまで意識してきた点について引き続きウォッチしつつ、「現場感覚」も大切にしたいと考えています。不動産を実際の目で確かめ、実務に関わる多くの方々とのディスカッションも行いながら不動産市場を分析することで、「ビジネスに貢献する活きた分析」をご提供できる様、努めてまいります。

専門分野

金融、住宅、投資市場

プロフィール

経歴

2003年 早稲田実業学校高等部 卒業
2007年 早稲田大学政治経済学部政治学科 卒業
2009年 早稲田大学大学院政治学研究科(国際関係) 修了
2009年 株式会社三井住友銀行 入行
法人営業部を経て主に市場営業部門で金融マーケット動向の調査に従事
2014年~2016年 内閣府(経済財政分析担当)に出向、国内地域経済の分析を担当
2016年 帰任後は市場営業統括部でエコノミストとして為替・株式相場の動向および経済ファンダメンタルズの分析に従事
2018年 株式会社三井住友トラスト基礎研究所 入社
投資調査第1部にて主に住宅、投資市場の調査業務を担当。

趣味

音楽のある空間に身を置く(Rock,EDM,Loungeなど)、Barを巡る、ボクシングジム

活動実績

担当受託業務

  • 都区部および地方都市の賃貸住宅市場の予測に関する調査(2018年度)
  • 不動産売買動向レポート作成業務(2018年度)