投資調査第2部 研究員 髙林 一樹(KAZUKI TAKABAYASHI)
投資調査第2部 研究員 

髙林 一樹

私達の最も身近にありながら、利用形態や権利関係等の面において、非常に複雑な様相を呈することの多い不動産。そのような不動産の「難しさ」こそ魅力と捉えつつ、調査・分析を通じてクライアントや社会の一助となることが、私の使命です。
調査・分析に際しては、「当たり前」とされている事柄に対しても常に問いを投げかけ、一つ一つ分かりやすく解明していくことを心掛けております。そして同時に、皆様のお役に立てているかを日々自問自答しながら、調査・分析・説明能力の向上に勤しんで参ります。

専門分野

オフィスを中心とした各種アセットタイプの動向分析・市場予測等

プロフィール

経歴

2015年3月 慶應義塾大学法学部政治学科を卒業
2015年4月 明治安田生命保険相互会社に入社。不動産部門や地方支社にて勤務
2018年11月 株式会社三井住友トラスト基礎研究所に入社。投資調査第2部にて、オフィス・住宅・商業施設・ホテル等の各種アセットタイプの調査・分析に従事

趣味

街歩き、ビル見学、テニス、ハンバーガー屋・インドカレー屋巡り

活動実績

担当受託業務

  • 不動産マーケットリサーチレポート提供業務(2018年度)
  • 不動産市場のモニタリングレポート提供業務(2018年度)
  • 地方都市における賃貸住宅投資の可能性に関する調査(2018年度)
  • オフィスアンケート調査(2018年度)
  • ホテル市場調査(2018年度)