高齢者住宅の投資評価手法の開発業務

161933

年度

2016年度

実施方法

委員会、ヒアリング調査、実踏調査、データ分析、GIS解析

委託機関

金融機関

業務の特徴
  • 高齢者住宅の評価項目・基準の検討・開発
  • ケーススタディによる検証
  • 評価レポートの自動作成ツールの活用
業務概要
高齢者住宅に関する最新の市場動向や将来見通しを踏まえ、また複数の実務専門家の知見・知識を反映し、個別の高齢者住宅の投資適格性を評価する手法を開発した。なお同評価手法においては、当社が保有する高齢者住宅データベースと評価レポート自動作成ツールを援用した。