不動産投資指標のタイプ別都市別予測

163431

年度

2016年度

実施方法

データ分析、計量分析(重回帰分析)

委託機関

金融機関

業務の特徴
  • 複数の経済指標に基づくシナリオ分析
  • 不動産のDCF評価に必要な指標の長期予測(10年間)
業務概要
主要都市の不動産市場予測の考え方を援用し、分析対象とする都市を追加した上で、今後10年間の不動産市場(賃貸オフィス市場・賃貸マンション市場・商業施設市場・物流施設市場・不動産投資市場)の予測、および同結果を用いた不動産投資指標(各種リターン・リスク指標)の予測を行った。