高齢者住宅の要素別RP(リスクプレミアム)推計および評価要件検討調査

152033

年度

2015年度

実施方法

ヒアリング調査、データ分析、計量分析(重回帰モデル)

委託機関

金融機関

業務の特徴
  • 高齢者住宅投資の各種リスク特性に基づくRPの推計
  • 実務者の投資要件(不動産およびオペレーター)の把握
  • 高齢者住宅の入居率の要因分析
業務概要
高齢者住宅投資に関わる、①法制度改変リスク、②流動性リスク、③人件費上昇リスク、を対象に、各リスク特性に応じたRPを推計した。また個別案件における流動性リスクを最小化するため、投資家による取得意欲の強い不動産やオペレーター等の要件(項目・基準)を、ヒアリングおよび各種データ等を用いて確認した。