機械学習手法を用いた個別不動産の賃料推計システム開発試行業務

183539

年度

2018年度

実施方法

データ分析、機械学習(ランダムフォレスト)、GIS解析

委託機関

自主研究

業務の特徴
  • 地域・立地・建物・店舗等の観点から435の特徴量を採用
  • 探索的アプローチを通じて頑健性の高いモデルを実現
  • 部分従属プロットを用い理論・実務との整合性を担保
業務概要
住宅と異なり賃貸仲介データ等が少ない都心商業施設を対象に、機械学習手法を用いた賃料推計システムの開発を試行した。さらに同システムと人による定性情報を組み合わせ、精度および説明力の高い賃料評価体系を構築した。