概要

マンション賃料インデックスは、アットホーム株式会社および三井住友トラスト基礎研究所が共同で開発した賃貸マンションの成約事例に基づく賃料インデックスです。ヘドニックアプローチと言われる統計的手法を用いて個別の成約事例について賃料の品質調整を行い、四半期ごとの賃料変化を指数化したものです。主要都市 (東京23区、東京都下、大阪市、大阪広域、札幌市、仙台市、埼玉東南部、千葉西部、横浜・川崎市 、名古屋市、京都市、福岡市)について、アットホーム株式会社および三井住友トラスト基礎研究所のホームページを通じて年に4回公表します。

マンション賃料インデックス公表資料 [2021年9月21日公表] (PDF:1041KB)
-インデックス対象期間:2009年第1四半期〜2021年第2四半期

※PDFデータはアットホーム株式会社のホームページにリンクしています。

マンション賃料インデックスから見る住宅市況-2021年第2四半期

[]

全国:

各都市の2021年第2四半期(以下「今期」)の賃料(連鎖型・総合)をみると、引き続き東京は軟調、地方都市の多くは概ね堅調である。東京は、コロナ禍による雇用縮小で就労目的の転入者数が減少するとともに、テレワークの定着によって通勤の利便性より居住性重視で都心から郊外への転出者数が増加。いずれも賃貸住宅需要の押し下げ要因である。また、長期化するコロナ禍で地方都市でも雇用縮小等が深刻化していることから圏域内からの就労目的の転入者数減少が顕在化しつつあり、賃貸住宅市場への今後の影響が懸念される。

東京23区:

東京23区の今期賃料(連鎖型・総合)は3期連続でのマイナスとなった。また、前期までに比べて下落幅が拡大。タイプ別(アットホーム提供資料参照)では、2017年第3四半期以降上昇を続けてきたコンパクトタイプ(30~60㎡未満)が下落に転じ、賃料の下落傾向が全ての住戸タイプに広がった。東京23区は人口の転出超過基調が続いており、賃貸住宅需要に直結しやすい転入者数の減少と、持ち家に比べ転居が容易な賃貸住宅居住者の転出で賃貸住宅需要が縮小している。

大阪市:

大阪市の今期賃料(連鎖型・総合)は前期比マイナスとなったものの、依然として高水準を維持している。しかしながら、雇用縮小が進む大阪市への転入者数の減少と、賃料負担力が低下したサービス業従事者等の大阪市から大阪府下等への転出により、転入超過数は減少傾向にある。これが長期化すれば、転入者の受け皿となる賃貸住宅の需要を押し下げる可能性がある。

m_20210921.png

※ マンション賃料インデックスは2009年第1四半期以降のデータを公表しています。
マンション賃料インデックスデータ(東京23区、東京都下、大阪市、大阪広域 、札幌市、仙台市、埼玉東南部、千葉西部、横浜・川崎市、名古屋市、京都市、福岡市)[Excel形式]の提供(無償)をご希望される方は、アットホームカスタマーセンターまでお問い合わせください。

アットホームカスタマーセンター
TEL:0570-01-1967 (または、045-330-3410まで)
※受付時間 9:00〜17:00〔日、祝祭日、特定日を除く〕
Webでのお問い合わせ(アットホーム株式会社のホームページにリンクしています)
 ※webでお問い合わせの場合、フォーム内の『具体的な内容』欄に「マンション賃料インデックス」と明記してください。

※ 「東京都下」は、武蔵野市・府中市・調布市・立川市・三鷹市・国分寺市・国立市・小金井市・八王子市・町田市・日野市・多摩市・稲城市・西東京市・小平市・狛江市を対象にインデックスを算出しています。
※ 「大阪広域」は、大阪市西区、浪速区、中央区、福島区、北区、都島区、天王寺区、阿倍野区、東淀川区、吹田市、豊中市、高槻市、茨木市、尼崎市、西宮市、芦屋市を対象にインデックスを算出しています。
※ 「埼玉東南部」は、浦和区、大宮区、中央区、南区、戸田市、川口市、蕨市、草加市、越谷市、和光市、朝霞市を対象にインデックスを算出しています。
※ 「千葉西部」は、柏市、松戸市、流山市、我孫子市、市川市、浦安市、習志野市、船橋市を対象にインデックスを算出しています。

賃貸マンション市場レポート
(賃貸マンション市場を取り巻く需給環境について解説)

※PDFデータはアットホーム株式会社のホームページにリンクしています。

インデックスの特徴

成約事例に基づく賃料インデックス

アットホーム株式会社が蓄積しているマンション成約事例に基づいて作成しており、成約ベースの賃料や成約時期等、賃貸マンション市場動向を反映したインデックスとなっています。

ヘドニックアプローチにより品質調整された賃料インデックス

駅距離等の主要な賃料形成要因について、ヘドニックアプローチという統計的手法を用いて品質調整を行っており、不動産の個別性による影響を軽減した賃料動向を表すインデックスとなっています。

エリア別、タイプ別の賃料推計モデルにより算出された賃料インデックス

エリア別、タイプ別に賃料推計モデル式を構築しております。この賃料推計モデル式により、エリア別、タイプ別の推計を表すインデックスを算出しています。

住宅市場に関するレポート・コラム・ニュースリリース