「非上場オープン・エンド型不動産投資法人」現状整理と新規組成に関する考察

私募投資顧問部 副主任研究員   清原 龍彦

<要約・概要>
 非上場オープン・エンド型不動産投資法人は現在8銘柄が運用を行っており、合計の資産規模は6,700億円に達していると思われる。この8銘柄を組成した設立母体(スポンサー)の多くは、既にJ-REIT運用も行っている。設立母体(スポンサー)にとって、非上場オープン・エンド型不動産投資法人とJ-REITの2つのビークルを運用するメリットの1つとして、特に景況感が良好でない時期での物件拠出が検討しやすいという点が挙げられる。
 他方、私募REITの投資家属性は、適格機関投資家以外の投資家が増加してくる可能性があり、これらの設立母体(スポンサー)には、情報開示を中心としてJ-REIT運用で培ったノウハウを十分に活用することが望まれる。

私募REITの資産規模推移(取得価格ベース)

関連レポート・コラム

・(ニュースリリース)不動産私募ファンドに関する実態調査 2014年1月 ~調査結果~
 -不動産私募ファンドの市場規模をグローバルファンドを含めて16.1兆円と推計
 (2014年3月31日)

・(ニュースリリース)「不動産投資に関する投資家アンケート調査 2013年」 ~調査結果~
 -『オルタナティブ投資実績あり』年金基金85%、その他機関投資家78%
 (2013年12月24日)

非上場オープン・エンド型不動産投資法人(私募REIT)の市場規模拡大に向けて ~利害関係人等からの物件取得の適正性~ (2013年10月9日)

関連する分野・テーマをもっと読む