働き方改革がオフィス戦略に与える影響
~「企業のオフィス戦略の実態」に関するアンケート調査結果~

投資調査第2部 研究員   髙林 一樹

要約・概要

  • 多くの企業においてオフィス戦略は経営戦略のひとつに位置づけられ、オフィス環境をどう整備すべきかが重要な検討課題となっている。特に最近では政府が働き方改革を推進しており、働き方改革を通じて従業員にとって働きやすいオフィス環境が整備され、企業業績にプラスの効果がもたらされることが期待される。このような状況を踏まえ、弊社では「企業のオフィス戦略の実態」を把握すべく、全国の上場企業3,720社を対象に『「企業のオフィス戦略の実態」に関するアンケート調査』(以下、「本アンケート」)を実施した。
  • 本アンケートでは、①近年のオフィス床の利用状況、②今後のオフィス床の利用意向、③働き方改革への取組みに関して調査を行った。本稿では、その調査結果を概説する。

report_20190329.png

髙林 一樹

投資調査第2部 研究員 
髙林 一樹

関連する分野・テーマをもっと読む