東京23区における土地取引の実勢価格(2013年下期)
 ~住宅地で上昇に転じ、商業地では上昇ペースが拡大~

投資調査第2部 副主任研究員   竹本 遼太

<要約・概要>

  • 東京23区の住宅地価格と商業地価格について、取引実勢ベースの変動率を分析したところ、2013年下期(7月~12月)は住宅地で前年比+3.5%、商業地で同+9.2%と推計され、住宅地では上昇反転、商業地では上昇ペースが加速する結果となった。
  • 住宅地の取引実勢価格動向をエリア別に分析すると、都心業務地エリアにおいて前年比+11.1%と最も高い結果となった。東京五輪の開催が決定したことで、関連施設やインフラ整備の進展が期待される湾岸エリアを中心に、住宅地の取引価格が押し上げられた可能性がある。
  • 先行きにかけては、子育て世帯を含む現役世代からの人気が高い都区部南エリアにおいて、他エリアに比べて出遅れている地価上昇ペースの加速が期待される。

東京23区の取引実勢価格と鑑定評価(左:住宅地、右:商業地)

関連レポート・コラム

取引価格情報を用いた地価の実勢トレンドと土地需要の地域差に関する分析  (2013年2月26日)

都市のコンパクト性と地価の二極化 ~コンパクト性の高い都市ほど二極化によって中心部の地価が支えられている傾向~ (2013年10月17日)

歴史的に低いローン金利が住宅価格を支える ~1%の金利上昇は1割超の購買力低下を招く可能性~ (2014年3月17日)

関連する分野・テーマをもっと読む