訪日外国人による国内ホテルマーケットへの影響
(4都道府県の稼動率編)

私募投資顧問部 主任研究員   清原 龍彦

<要約・概要>

 本稿では、増加する訪日外国人によりホテル稼動率がどの程度押し上げられているかを推計することで、訪日外国人による国内ホテルマーケットへのインパクトを推計している。推計対象を韓国・台湾・香港・中国という4つの国または地域からの訪日外国人としたうえで、東京都・大阪府・北海道・福岡県の4エリアでのホテル稼動率の押し上げ効果を推計したところ、東京都では21.7%、大阪府では15.6%、北海道では5.0%、福岡県では11.3%という結果となった。
 政府は訪日外国人を2020年までに年間2,000万人まで増加させたいとしており、近くこれが達成されると予想されるが、東京都・大阪府・福岡県といった訪日外国人に選好される地域ではホテル客室数(供給)と訪日外国人(需要)の需給バランスが既に逼迫しており、これらの地域では宿泊地の整備等が喫緊の課題といえる。

訪日外国人(韓国・台湾・香港・中国に限定)によるホテル稼動率の押し上げ

関連レポート・コラム

今は昔の物流・ホテルにおける買い手市場  (2015年5月25日)

急増する訪日外国人客、更なる加速と波及効果に期待 (2014年4月3日)

観光立国を目指す日本における訪日外国人等の動向 (2013年3月6日)

関連する分野・テーマをもっと読む