訪日外国人による国内ホテルマーケットへの影響 (宿泊者の増加率編)

私募投資顧問部 主任研究員   清原 龍彦

<要約・概要>

 2015年における訪日外国人数は、前年比47.1%増と急増したが、これまで韓国・台湾・香港・中国という4つの国または地域からの訪日外国人が選好してきた国内4都道府県(東京都・大阪府・北海道・福岡県)におけるホテル稼働率の押し上げ効果は、減少または微増と推計された。そこで、急増したこれらの訪日外国人の宿泊需要を吸収した地域を把握するため、推計対象を全国へと拡大した結果、西日本を中心に拡散していることがわかり、これらの訪日外国人の訪日目的が、「モノ型」から「コト型」へと変化していることが示唆された。
 今後は、大都市・地方都市それぞれが「らしさ」をもって訪日外国人を歓待し、双方が活性化していくことが重要となる。

訪日外国人(韓国・台湾・香港・中国に限定)宿泊地 対2012年比増加率

↓↓

関連レポート・コラム

訪日外国人による国内ホテルマーケットへの影響 (4都道府県の稼動率編) (2015年8月3日)

需給とも好調なホテルマーケットの見通し (2016年2月1日)

ホテル・物流施設の不動産価格指数 (2016年5月18日)

関連する分野・テーマをもっと読む