「非上場オープン・エンド型不動産投資法人」現状整理と基準価額の推移に関する考察

私募投資顧問部 主任研究員   清原 龍彦

要約・概要

 非上場オープン・エンド型不動産投資法人(以下、「私募REIT」)は、2017年5月時点において22銘柄が運用を行っており、これらの資産規模の合計は2兆2,200億円を超過したものと推計される。
 半期毎に開示されるJ-REIT保有物件の不動産鑑定評価額での代替により、私募REITの基準価額(J-REITにおける投資口価格に同義)の推移について検証したところ、直近4年間において、20%弱(19.79%)の上昇という推計結果となった。

report_20171011.png

関連レポート・コラム

関連する分野・テーマをもっと読む