シェアハウスの市場規模と立地特性
~東京都区部ではターミナル駅まで15分前後の駅周辺に多い傾向~

研究統括部 副主任研究員   竹本 遼太

要約・概要

  • 東京都区部におけるシェアハウスの物件数・部屋数を集計し、立地特性や個室タイプの部屋面積、賃料等の条件を分析した。各種ウェブサイトをもとに、2,873物件のシェアハウスに個室だけで29,877部屋が確認されたが、今回の集計で把握しきれていない物件も含めると実際の市場規模はより大きいとみられる。
  • 最寄り駅別の個室数を比較すると、最もシェアハウスが集中しているのは竹ノ塚駅(東武伊勢崎線)で他の駅に比べ突出して多く、そのほか上野や池袋、新宿といったターミナル駅に15分前後でアクセスできる駅周辺にまとまった規模で立地する様子がうかがわれる。

report_20180219.png

関連レポート・コラム

関連する分野・テーマをもっと読む