住宅購入価格は年収の「5倍」が一般的に
 ~歴史的な低金利にもよらず、住宅ローンの返済負担が徐々に増大~

投資調査第2部 副主任研究員   竹本 遼太

<要約・概要>

  • 長期固定金利の住宅ローン【フラット35】利用者の平均的な年収と、購入した住宅価格の比率である価格年収倍率は、2015年2月に発行が予定される貸付債権担保第93回住宅金融支援機構債券の信託債権プールにおいて4.94倍と推計され、「5倍」に迫っている。
  • 日本銀行による異次元の金融緩和を背景に、住宅ローン金利は大幅低下を続けており、利息負担の軽減が住宅購入者のローン返済負担を一定程度和らげているが、価格年収倍率の上昇を受けて足元では返済負担率が徐々に上昇している傾向にある。
  • これまでのところ住宅ローンの貸倒リスクが高まっている様子は見受けられないものの、景気の悪化など収入環境に変化があった場合に備える上で、返済負担率を抑えることが重要といえる。

価格年収倍率の推移

関連レポート・コラム

中古マンション価格の経年減価率:鉄道沿線別比較(2014年 首都圏) ~中古物件の需給逼迫感が強まり、都心部を中心に減価率の低下が続く見込み~ (2015年6月5日)

交通利便性を追求する分譲マンション取得層 ~共働き子育て世帯の動向が分譲マンション市場に与える影響 (2015年4月16日)

建築費高騰が招く分譲事業戦略の多様化 (2015年3月30日)

関連する分野・テーマをもっと読む