中古マンション価格の経年減価率:鉄道沿線別比較(2013年 首都圏)

投資調査第2部 副主任研究員   竹本 遼太

<要約・概要>

  • 中古マンションの取引事例を分析した結果、首都圏の鉄道路線の中で沿線マンション価格の経年減価率が最も小さい鉄道路線は、シングル・コンパクトタイプでは東急東横線(東京都内の駅)となった。
  • 一方、ファミリータイプでは都営新宿線(東京都内の駅)の経年減価率が最も小さい結果となったが、上位路線間の差は非常に小さい。なお、近年は東京都内の鉄道沿線が上位を占める傾向にある。
  • シングル・コンパクトタイプとファミリータイプを同一路線で比較すると、シングル・コンパクトタイプの方が平均して0.8%ほど経年減価率が大きく、需要層の築浅選好がより強いと解釈できる。

沿線マンション価格の経年減価率が小さい鉄道路線(都道府県別)

関連レポート・コラム

中古マンション価格から読む二大都市圏の駅力 (2013年5月7日)

東京23区における土地取引の実勢価格(2013年下期) ~住宅地で上昇に転じ、商業地では上昇ペースが拡大~ (2014年5月14日)

2014年の分譲マンション発売戸数(首都圏)は微減にとどまると予測 (2014年3月31日)

関連する分野・テーマをもっと読む