インフラ投資再入門
 ~四つのキーワードで理解する日本のインフラ投資の現状とこれから~

投資調査第1部 上席主任研究員   福島 隆則

<要約・概要>
 仙台空港や関空・伊丹空港で、コンセッションの売却プロセスが進められるなど、ここ数年で急速に進展した感のある我が国のインフラ・PPP分野であるが、グローバルな視点で見ると、既にその投資市場が確立されているなど、我が国の出遅れ感は依然強く、より一層の理解や拡大が求められている。
 そこで本稿では、主に、同分野にこれから参入、あるいは再参入されようとしている方々のために、押さえておくべき四つの基本キーワード「インフラ」、「PPP」、「PFI」、「コンセッション」を取り上げ、それぞれの定義や関係性について説明するとともに、これらのキーワードと結び付ける形で、同分野における我が国の現状と今後の見通しについての解説も行う。既に参入済みの方々にとっても、現状の理解を整理する一助になるものと考えている。

(本レポートは、一般社団法人不動産証券化協会「ARES不動産証券化ジャーナルVol.21」掲載論文を基に、加筆・修正したものである)

四つの基本キーワードの包含関係と数値目標

関連書籍

よくわかる インフラ投資ビジネス

書 名: よくわかる インフラ投資ビジネス
      需要を読む、リスクを知る、戦略を練る

著 者: 福島 隆則(投資調査第1部 上席主任研究員)、菅 健彦
発 行: 日経BP社
発行日: 2014年12月1日
定 価: 本体2,500円+税
お求め方法: 一般書店、インターネット書店にて販売
         日経BP書店  Amazon

市場の成長が予想される「インフラ投資ビジネス」の入門書。
どんな仕事が増えるのか、良いインフラ投資と悪いインフラ投資、市場規模の見通し、リスクとリターン―などについて、多数の事例やプロジェクトを参照しながら解説しています。

関連レポート・コラム

投資の最新トレンド「リアル化」とは? ~インフラ投資市場誕生の背景~ (2014年12月11日)

公的不動産(PRE)における官民連携(PPP)と証券化 (2014年8月18日)

海外資金で日本の不動産市場は活性化するか? ~クロスボーダー資金による不動産投資の潮流~ (2014年9月17日)

関連する分野・テーマをもっと読む