公共施設への民間活力導入について③
 ~スポーツ施設の現状と官民連携手法のあり方~

投資調査第1部 副主任研究員   田中 可久

<要約・概要>

 近年、公共施設などをはじめとする公共部門における資産や事業の見直しが進展するなか、民間の資金やノウハウなど、民間活力を上手く活用した官民連携(PPP:Public Private Partnership)の実現が要請されている。
 今回、それら公共施設のなかでも、従来取り上げられる機会が比較的少なかったものの、ラグビーのワールドカップや東京オリンピック・パラリンピックなどを契機に改めて注目が集まりつつある体育館や競技場などのスポーツ施設について、その位置付けや整備・運営状況などを通じて、官民連携手法における課題やそのあり方を明らかにしていく。

report_20160915.png

関連レポート・コラム

公共施設への民間活力導入について② ~一般廃棄物処理施設(ごみ焼却施設)の現状と官民連携手法のあり方~ (2016年5月24日)

公共施設への民間活力導入について① ~自治体病院の現状と官民連携手法のあり方~ (2016年3月31日)

インフラ投資市場UPDATES (2016年8月19日)

関連書籍

よくわかる インフラ投資ビジネス

書 名: よくわかる イン フラ投資ビジネス
      需要を読む、リスクを知る、戦略を練る

著 者: 福島 隆則(投資調査第1部 上席主任研究員)、菅 健彦
発 行: 日経BP社
発行日: 2014年12月1日
定 価: 本体2,500円+税
お求め方法: 一般書店、インターネット書店にて販売
         日経BP書店  Amazon

市場の成長が予想される「インフラ投資ビジネス」の入門書。
どんな仕事が増えるのか、良いインフラ投資と悪いインフラ投資、市場 規模の見通し、リスクとリターン―などについて、多数の事例やプロジェクトを参照しながら解説しています。
関連する分野・テーマをもっと読む