期待利回りの長期金利に対する感応度が低下している要因

私募投資顧問部 主任研究員   米倉 勝弘

要約・概要

 不動産の期待利回りの水準を議論するにあたって、その構成要素を「リスクフリーレート」と「リスクプレミアム」に分解するケースが多く見られる。
 理論的に考えるとリスクフリーレートが低下した場合、期待利回りも同程度低下するはずであるが、実際の期待利回りとリスクフリーレートの関係性を見てみると、期待利回りの水準はリスクフリーレートほど変化しておらず、期待利回りのリスクフリーレートに対する感応度が低下しているように感じられる。
 本稿では、リスクプレミアムの拡大がリスクフリーレートの低下を上回った結果であるとの仮説のもと、どのような要因がリスクプレミアム拡大に影響しているのかについて考察を試みた。

report_20161012.png

関連レポート・コラム

関連する分野・テーマをもっと読む