日本・諸外国の商業用不動産価格指数(CPPI)

研究統括部 副主任研究員   川村 康人

<要約・概要>

  • 日本では2000年以降、各種の「不動産投資インデックス」や「不動産価格指数」の開発・整備が進められてきた。今後も、各国の公的部門・民間部門より、様々な指数・指標の公表が進められることが予想される。
  • 本稿の前半では、「不動産価格指数と不動産投資インデックスの違いは何か」、「ヘドニック指数とリピート・セールス指数をどのように使い分けたらよいか」など、実務面での留意点をユーザーの視点より整理する。
  • それらの基礎的な整理を踏まえ、本稿の後半では、日本および諸外国における不動産価格指数の国際比較に焦点を当てる。異なる手法で作成された指数を比較する際の注意点・方法論や、各国におけるオフィスの取引価格指数の比較分析例を示している。

report_20170413.png

関連レポート・コラム

J-REIT不動産価格指数
ホテル・物流施設の不動産価格指数(2016年5月18日)
不動産取引価格指数・キャップレート指数が表す不動産市況(2016年1月14日)
・(リサーチカフェ)不動産価格の「今」をタイムリーに知る (2015年3月6日)

関連する分野・テーマをもっと読む