【海外不動産レポート】
中国:海外不動産投資に求められるルールの創出

海外市場調査部 副主任研究員   安田 明宏

<要約・概要>

  • 2016年の中国資本による海外不動産への投資額は、2010年比で14.8倍となった。海外のランドマーク不動産の取得も見られる。2005年以降の人民元切り上げは、対外資産に対する割安感を生んだ一方、2014年中頃以降に生じた人民元の先安感は、海外不動産の取得を促す要因となっている。
  • 2016年11月以降、矢継ぎ早に資本流出規制が発表された。当局は、外貨準備を利用して人民元レートを支えてきたが、資本流出のさらなる拡大を防ぐため、資本移動の管理を強化した形だ。資本流出規制は、個人投資家にも及んでいる。
  • かつて、海外資本による中国不動産への投資においてルールづくりが進められたように、中国資本による海外不動産への投資でも包括的なルールが求められる。

中国からのクロスボーダー投資額

関連事例の紹介

 海外主要都市の不動産市場の比較や詳細な個別市場調査を行います
 ・海外主要都市の不動産市場比較
 ・海外エリア別・タイプ別の不動産市場調査
 


関連レポート・コラム

 ・中国の個人投資家が海外不動産市場に向かう背景 (2014年5月12日)
 ・世界の不動産市場で存在感が増す中国資本 (2014年1月29日)

関連する分野・テーマをもっと読む