地方主要都市に存する不動産(物件)への投資の合理性 ~鍵は長期保有か~

私募投資顧問部 主任研究員   米倉 勝弘

要約・概要

 私募ファンド運用会社へのアンケートによれば、実際に投資しているエリアおよびこれから投資していきたいエリアは、いずれも首都圏が中心。投資エリアに関しては多くの運用会社が同じ投資方針であり、首都圏に所在する物件は相対的に流動性が高いものと考えられる。
 一方で、地方主要都市エリアにおける期待利回りを見ると、足元の絶対水準はもちろん、過去からの推移などからも魅力が感じられる。
 また、地方主要都市エリアに存する物件は、築年の進行に伴う経済的陳腐化が相対的に緩やかであり、長期投資に向いている可能性がある。オフィスに限って見ると、地方主要都市エリアでは新規供給が抑制されており、競合関係の悪化が限定的であることから、この傾向は今後も続くものと予測される。
 長期投資を基本とするJ-REITや私募REITは、地方主要都市に存する物件を組み入れることに一定の合理性が認められるものと思われる。

report_20170802.png

関連レポート・コラム

関連する分野・テーマをもっと読む