【東京23区の割安賃貸マンション エリア編】
データから見る東京23区の割安賃貸マンションのエリア

投資調査第1部 主任研究員    菅田 修

要約・概要

・アプリなどのインターネットを通じた物件検索が一般化してきたことで、以前に比べると賃貸物件や相場についての情報は増加しているが、賃貸需要者にとっては、割安な物件であるかを判断する指標が乏しい。
・東京23区全体で賃料モデルを構築し、理論賃料と募集賃料の乖離幅から、RR比率を算出。RR比率が1.0から離れている割合が高いエリアをミスプライシングしやすいエリアとして抽出。
・その結果、古くから人気の高い住宅地を内包するエリア:目黒区・世田谷区・渋谷区(グループ①)と、東京駅などの都心部への交通利便性が高く近年人気が高まっているエリア:荒川区・足立区(グループ②)の2グループが、ミスプライシングしやすいエリアとして選定された。

report_20180413_1-1.png

-本レポートはLIFULL HOME'Sとの共同研究の成果です。
データから見る東京23区の割安賃貸マンションのエリア ~LIFULL HOME'Sデータ分析
 ※LIFULL HOME'Sのホームページにリンクしています。


関連レポート・コラム

関連する分野・テーマをもっと読む