投資調査第2部 主任研究員 菅田 修(OSAMU SUGATA)
投資調査第2部 主任研究員 

菅田 修

三井住友トラスト基礎研究所に入社以来、主に住宅セクターの調査分析に従事。近年では、不動産投資市場も担当し、賃貸市場・取引市場の両面から不動産を捉えた研究を行っている。また、大規模年金基金を中心にオルタナティブ投資が積極化される中で、コモディティ市場と関連する農地に投資する機関投資家も出てきていることから、最近では農業分野やコモディティ市場に関しても興味を示す。

専門分野

住宅市場分析、不動産投資市場分析、データセンター市場特性分析等

プロフィール

経歴

早稲田大学理工学部建築学科卒業、早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了後、(株)住信基礎研究所(現:(株)三井住友トラスト基礎研究所)に入社
主に賃貸マンションの賃料予測など住宅市場分析に従事。現在は住宅市場分析に加え、不動産投資市場に関する調査・分析業務にも従事。

趣味

食べ歩き、ロードバイク、スポーツ観戦(サッカー、野球、ラグビーなど)

活動実績

担当受託業務

メディア掲載・講演等

講演

日本ビルヂング経営センター 第380回 ビル経営研究セミナー 2017年8月23日

「不動産市場の動向と今後の見通し ~東京のオフィス価格は大量供給で下落に向かうのか~」をテーマに講演

記事掲載

プロパティマネジメント 2017年8月号

ネクスト・コア資産、専門家が語る「魅力」 データセンター 【インタビュー掲載:ニューアセットとしてのデータセンターを分析・解説】

記事掲載

日経マネー 2016年6月号

不動産投資特集記事 【当社作成の鑑定利回り変動幅のグラフおよびコメント掲載】

記事掲載

日本経済新聞 2014年9月20日

地価 回復力を試す(中) 【金融機関の不動産向け融資についてコメント掲載】

記事掲載

プロパティマネジメント 2014年3月号

特集 東京・ラグジュアリー不動産市場 【高級レジデンス市場に関するコメントと当社作成のデータ掲載】