投資調査第2部 副主任研究員 荻島 駿(SHUN OGISHIMA)
投資調査第2部 副主任研究員 

元々は消費や雇用などのマクロ経済が専門だったのですが、入社以来、住宅賃料の見通し作成やデータセンター動向の調査、不動産投資基準策定等の様々な業務に携わっております。IT技術の進展やグローバル化に伴って不動産市場の複雑さは増しておりますが、根底にある経済の論理を適切に把握して、経済・社会の本質を捉えた分析ができるよう尽力して参ります。また、単なる研究に留まることなく、実際のビジネスの現場で役立つような分析を提供することを、常に心掛けたいと考えております。

専門分野

マクロ経済動向、不動産リスク管理、不動産投資基準、万博・IRの経済効果等

プロフィール

経歴

2011年3月 慶應義塾大学経済学部卒業
2013年3月 東京工業大学社会理工学研究科修了
2013年4月 内閣府政策統括官(経済財政分析担当)付
2015年2月 同 計量分析室
2017年6月 三井住友トラスト基礎研究所 入社

趣味

読書、音楽鑑賞

活動実績

担当受託業務

  • 不動産マーケットリサーチレポート提供業務(2019年度)
  • 不動産リスク管理の高度化業務(2019年度)
  • 不動産価格先行DIの提供業務(2019年度)
  • 大阪・関西万博の影響に関する調査(2019年度)
  • 不動産事業の資本コスト推計調査(2018年度)

寄稿・出版

寄稿・出版

在宅勤務の持続性と地域への影響

メディア掲載・講演等

その他

JILPTコロナプロジェクト ワークショップ2021『新型コロナウイルス感染拡大の雇用・就業への影響 「職業特性と新型コロナ以降の企業行動変化」

記事掲載

RIETI「特別コラム:新型コロナウイルス-課題と分析」新型コロナウイルス以降の職種ごとの在宅勤務の持続可能性について

記事掲載

(web版の閲覧は会員限定)
訪日客激減 業界悲鳴 コロナで「団体客ゼロ、ゼロ」【新型コロナウイルスによる宿泊業界への影響についてコメント】

記事掲載

Coronavirus causes tourism numbers to nosedive【当社レポート内容・コメント掲載】

記事掲載

新型コロナのインバウンドへの影響【当社レポート内容・コメント紹介】