投資調査第2部 部長 主席研究員坂本 雅昭(MASAAKI SAKAMOTO)
投資調査第2部 部長 主席研究員

坂本 雅昭

私たちの業務は、不動産投資プレイヤーや利用者の疑問・課題に調査分析を通じて答えていくことです。一つ一つの案件は個々のクライアントのニーズに沿ったものですが、大きく見れば不動産市場の構造をクリアにしていくプロセスでもあると思います。不動産はわかりにくい分野とも言われますが、これらをクリアにし、わかりやすくクライアントや社会に伝えていくことを通じて、運用資産としての不動産のポジションを高めていきたいと思います。

専門分野

都市・エリアの不動産投資ポテンシャル評価、オフィス市場の動向分析・市場予測等

プロフィール

経歴

1996年 千葉大学大学院工学研究科建築学専攻修了
1996年 都市計画コンサルタント会社に入社し、都市計画マスタープランの策定業務等に従事
1999年 (株)住信基礎研究所(現:(株)三井住友トラスト基礎研究所)に入社。産業活性化、低未利用地の利用促進、まちづくり等、公的な調査業務に従事した後、不動産市場に関する調査・分析業務に従事。主に不動産投資ファンド運用会社やデベロッパー等の委託によるオフィス市場関連の調査を担当・統括

・ビル経営管理士
・一般社団法人不動産証券化協会 認定マスター

趣味

学生時代からヨット(クルーザー)を継続

活動実績

担当受託業務

寄稿・出版

寄稿・出版

「大量供給期を迎える東京のオフィス市場の行方」

寄稿・出版

ビル経営管理講座テキスト2017 賃貸営業 上巻 (日本ビルヂング経営センター発行)

「オフィスビルマーケットの分析」

寄稿・出版

日本経営協会機関誌 オムニ・マネジメント 2017年5月号

「オフィス市場の長期展望と企業のオフィス・雇用戦略」

寄稿・出版

日本ビルヂング経営センター機関紙 いしずえ 2016年夏号

「好調なオフィス市場の背景と今後の見通し」

寄稿・出版

ビル経営管理講座テキスト2016 賃貸営業 (日本ビルヂング経営センター発行)

「オフィスビルマーケットの分析」

メディア掲載・講演等

記事掲載

日本経済新聞電子版 2018年4月11日

都心のオフィス、18年完成ビルほぼ満室 需要は旺盛 【東京のオフィス市場の動向と見通しについてコメント掲載】

記事掲載

プロパティマネジメント 2018年4月号

投資家の買い意欲は依然堅調 新アセット模索する動き続く -三井住友トラスト基礎研究所に聞く 【インタビュー掲載】

記事掲載

(閲覧は日経不動産マーケット情報読者限定)
オフィス市況トレンド アナリスト予測 【2018年~2019年前半のオフィス市況の予測・コメント掲載】

記事掲載

(閲覧はARES会員限定)
座談会「オフィス市場の分析と課題 ~カクテルアプローチによる多角的な見方と人材育成の重要性~」

講演

日本証券アナリスト協会 講演会 2017年8月30日

「不動産市場の動向と今後の見通し ~大量供給サイクルに突入する不動産市場~」をテーマに講演