投資調査第2部 部長 研究主幹坂本 雅昭(MASAAKI SAKAMOTO)
投資調査第2部 部長 研究主幹

私たちの業務は、不動産投資プレイヤーや利用者の疑問・課題に調査分析を通じて答えていくことです。一つ一つの案件は個々のクライアントのニーズに沿ったものですが、大きく見れば不動産市場の構造をクリアにしていくプロセスでもあると思います。不動産はわかりにくい分野とも言われますが、これらをクリアにし、わかりやすくクライアントや社会に伝えていくことを通じて、運用資産としての不動産のポジションを高めていきたいと思います。

専門分野

都市・エリアの不動産投資ポテンシャル評価、オフィス市場の動向分析・市場予測等

プロフィール

経歴

1996年 千葉大学大学院工学研究科建築学専攻修了
1996年 都市計画コンサルタント会社に入社し、都市計画マスタープランの策定業務等に従事
1999年 (株)住信基礎研究所(現:(株)三井住友トラスト基礎研究所)に入社。産業活性化、低未利用地の利用促進、まちづくり等、公的な調査業務に従事した後、2003年からオフィス市場を中心として不動産市場に関する調査・ 分析業務に従事。2010年からは、国内の実物不動産市場分野を統括。

・ビル経営管理士
・一般社団法人不動産証券化協会 認定マスター

趣味

学生時代からヨット(クルーザー)を継続

活動実績

担当受託業務

  • 不動産マーケットリサーチレポート提供業務(2019年度)
  • 中期経営計画の策定支援業務(2019年度)
  • 不動産リスク管理の高度化業務(2019年度)
  • 海外投資家向けレポート作成業務(2019年度)
  • 2020年以降の不動産市場の構造変化に関する調査(2016年度)

寄稿・出版

寄稿・出版

日本ビルヂング経営センター機関紙 いしずえ 2021年No.188夏号

「新型コロナのオフィス市場への影響を読み解く」

寄稿・出版

ビル経営管理講座テキスト2021 賃貸営業 上巻 (日本ビルヂング経営センター発行)

「オフィスビルマーケットの分析」

寄稿・出版

日本ビルヂング経営センター機関紙 いしずえ 2020年No.184夏号

「新型コロナウイルスでオフィス市場はどう変わるのか」

寄稿・出版

ビル経営管理講座テキスト2020 賃貸営業 上巻 (日本ビルヂング経営センター発行)

「オフィスビルマーケットの分析」

寄稿・出版

日本ビルヂング経営センター機関紙 いしずえ 2019年夏号

「オフィス市場の好調はいつまで続くのか」

メディア掲載・講演等

講演

日本証券アナリスト協会 2021年8月26日

不動産市場の動向と今後の見通し~新型コロナの影響を読み解く~

講演

日本ビルヂング経営センター ビル経営研究セミナー 2021年8月25日

オフィス市場の動向と今後の見通し~新型コロナの影響を読み解く~

記事掲載

日本経済新聞 2021年3月24日

公示地価6年ぶり下落 外食不振や訪日客減 都市近郊在宅勤務が下支え【コメント掲載】
地価、三大都市で失速 コロナで生活変化影響 福岡など4市は堅調【コメント掲載】

記事掲載

産経新聞 2021年3月24日

公示地価6年ぶり下落  全国平均マイナス0.5%
コロナで需要減 在宅勤務普及で郊外上昇【コメント掲載】

記事掲載

時事通信 2021年3月23日

オフィス空室増、郊外住宅に注目 コロナ禍で需要変化 公示地価