海外市場調査部 主任研究員 風岡 茜(AKANE KAZAOKA)
海外市場調査部 主任研究員 

J-REIT投資助言業務、グローバルREIT、海外不動産市場(米国・豪州・アジア)、インフラファンド等の調査分析を行って参りました。現在は主に米国不動産市場(特にオフィス、賃貸住宅、戸建住宅、学生住宅、高齢者住宅・施設、オルタナティブセクター)やグローバルREITの調査を担当しております。

専門分野

グローバルREIT、海外不動産(主に米国・豪州・シンガポール・マレーシア)、ヘルスケア、信用リスク分析

プロフィール

経歴

2008年 (株)住信基礎研究所(現:(株)三井住友トラスト基礎研究所)入社。REIT投資顧問部にてJ-REITの投資助言業務に従事。2012年より海外市場調査部を兼任、アジア不動産、グローバルREIT、海外ヘルスケアREIT等の調査に従事。2018年より海外市場調査部とインフラ・PPP投資調査部を兼任、上場インフラ投資法人や海外インフラファンドの調査に従事。2020年より海外市場調査部専任としてグローバルREITや米国・豪州不動産市場の調査等に従事。

活動実績

担当受託業務

  • グローバル不動産市場モニタリング業務(2012~2021年度)
  • 米国戸建賃貸住宅市場調査(2021年度)
  • 米国スチューデントハウジング市場調査(2018年度)
  • 海外主要国における高齢者住宅・施設の市場調査(2018年度)
  • 金融収縮期の海外REITに関する調査業務(2016年度)

寄稿・出版

寄稿・出版

「豪州REITのあゆみと海外不動産投資」

寄稿・出版

「J-REITのパラダイムシフト- REITのプロが語るJ-REITの未来」

寄稿・出版

日経不動産マーケット情報 2013年8月号

「数字で見る米国市場 8兆円に迫るヘルスケアREIT運用資産」

メディア掲載・講演等

記事掲載

米国インフラ・データセンター・ガバメントREITの実態【米国REITについて解説】

記事掲載

ニッキン投信情報 2019年3月18日号

海外REIT市場の現状と見通し(豪州・欧州)~M&A動向に注目、ドラスティックな再編も~

記事掲載

週刊東洋経済 2019年3月16日号

今、上場インフラファンドが注目を集める理由【上場インフラファンドについてインフラファンド運用会社3社との対談】

記事掲載

ニッキン投信情報 2019年3月11日号

海外REIT市場の現状と見通し(米国)~セクターの多様性に富む米国REITの魅力~

記事掲載

東洋経済オンライン 2019年3月11日

上場インフラファンドが今注目を集める理由【上場インフラファンドについてインフラファンド運用会社3社との対談】