海外市場調査部 主任研究員 風岡 茜(AKANE KAZAOKA)
海外市場調査部 主任研究員 

国内外のREITやインフラファンド、海外不動産、ヘルスケアセクター等の調査分析・投資助言業務を行って参りました。現在は主にグローバルREITの主要エリア(米国・日本・豪州・シンガポール・英国・フランス・カナダ・香港等)のモニタリング、制度の違いや実物不動産との関連を踏まえたコンサルティングを担当しております。

専門分野

グローバルREIT、海外不動産(主に米国・豪州・シンガポール・マレーシア)、ヘルスケア、信用リスク分析

プロフィール

経歴

2008年 (株)住信基礎研究所(現:(株)三井住友トラスト基礎研究所)入社。REIT投資顧問部にてJ-REITの投資助言業務に従事。2012年より海外市場調査部を兼任、アジア不動産、グローバルREIT、海外ヘルスケアREIT等の調査に従事。2018年より海外市場調査部とインフラ・PPP投資調査部を兼任、上場インフラ投資法人や海外インフラファンドの調査に従事。2020年より海外市場調査部専任としてグローバルREITや米国・豪州不動産市場の調査等に従事。

活動実績

担当受託業務

  • 海外主要国における高齢者住宅・施設の市場調査(2018年度)
  • 米国オフィス・賃貸住宅市場調査(2018年度)
  • 米国スチューデントハウジング市場調査(2018年度)
  • 米国不動産市場の予兆管理ツール(2018年度)
  • 金融収縮期の海外REITに関する調査業務(2016年度)

寄稿・出版

寄稿・出版

「豪州REITのあゆみと海外不動産投資」

寄稿・出版

「J-REITのパラダイムシフト- REITのプロが語るJ-REITの未来」

寄稿・出版

日経不動産マーケット情報 2013年8月号

「数字で見る米国市場 8兆円に迫るヘルスケアREIT運用資産」

メディア掲載・講演等

記事掲載

米国インフラ・データセンター・ガバメントREITの実態【米国REITについて解説】

記事掲載

ニッキン投信情報 2019年3月18日号

海外REIT市場の現状と見通し(豪州・欧州)~M&A動向に注目、ドラスティックな再編も~

記事掲載

週刊東洋経済 2019年3月16日号

今、上場インフラファンドが注目を集める理由【上場インフラファンドについてインフラファンド運用会社3社との対談】

記事掲載

ニッキン投信情報 2019年3月11日号

海外REIT市場の現状と見通し(米国)~セクターの多様性に富む米国REITの魅力~

記事掲載

東洋経済オンライン 2019年3月11日

上場インフラファンドが今注目を集める理由【上場インフラファンドについてインフラファンド運用会社3社との対談】