不動産市場・定点観測レポート
国内の人口移動/2021年第3四半期

投資調査第1部長 研究主幹    馬場 高志

要約・概要

転出続く東京23区、転出に転じた大阪市、コロナ禍前に戻った名古屋市、大都市の人口移動は三者三様
 2021.4時点のレポートでは、コロナ禍が長期化する中、大阪市および名古屋市から郊外エリアへの人口移動の兆候をお伝えし、特に人口移動(=引越)の際の主要な受け皿となる賃貸マンションの需要を占う材料を提供した。本レポートでは、郊外化が先行している東京23区を含め、人口移動のその後の動きを紹介したい。具体的には前回レポート同様に、総務省の「住民基本台帳人口移動報告(月次)」に基づく転入超過数(=転入数-転出数)と転入超過率(=転入超過数/人口)を用い、人口移動の実態を概観した。

report_20211124.png

関連レポート・コラム

関連する分野・テーマをもっと読む