我が国の高齢者住宅の供給特性とヘルスケアリートの成長方策

投資調査第1部 主席研究員    馬場 高志

<要約・概要>
 我が国では更なる高齢者および要介護者の増加が見込まれる中、ヘルスケアリートには、その成長を通じて優良な高齢者住宅の供給促進が期待されているが、上場から期が浅いこともあり、その成長は期待ほどには進んでいない。その要因の一つに、高齢者住宅のテナントであり介護サービス等を提供するオペレーターの意向を反映し、その多くが個人所有物件となっており、これらの物件とヘルスケアリートの投資対象基準とがミスマッチしていることが挙げられる。
 ヘルスケアリートの成長や、その結果として優良な高齢者住宅を供給するためには、①ヘルスケアリート主導の開発・取得、②更新投資を契機とした個人所有物件の取得、③開設初期段階での中小オペレーターへのアセットファイナンス、等の方策が望まれる。

居室数上位30社が運営する高齢者住宅の所有者構成(件数ベース)

関連事例の紹介

シニア住宅(有料老人ホーム)市場調査
 ヘルスケアマーケットについての各種市場調査を行います

関連レポート・コラム

・(リサーチカフェ)米国ヘルスケアREIT市場の成長に学ぶ (2016年2月17日)

10兆円を突破したJ-REIT市場と日本版ヘルスケアREITの創設に寄せて (2014年12月17日)

サービス付き高齢者向け住宅の供給促進に向けて (2014年10月9日)

関連する分野・テーマをもっと読む