物流不動産マーケットについての各種市場調査を行います


■ 導入実績企業・団体様
ファンド運用会社、商社、不動産会社、倉庫会社

物流不動産市場の調査項目例

●物流施設に対する需要

  • 物流を取り巻く環境
    • 需要ファクターの整理、人口、世帯数、商品販売額のトレンド
  • 国内の貨物輸送
    • 貨物輸送量と輸送機関の内訳、自動車輸送量(トン・トンキロ別、品目別)
  • エリア別・品目別物流発生量
    • 臨海と内陸の違い、エリア別・品目別(東京圏)
  • 企業物流の動向
    • 在庫圧縮の動向、効率化の取組事例、拠点集約と賃貸物流施設の活用
  • 物流施設の需要変化
    • 所有・賃借形態の変化と方針、企業の立地戦略、物流コストの支払形態と3PL市場の拡大、需要に影響雄を与える要因(電子商取引動向など)

●物流施設のストックと新規供給

  • 物流施設のストック
    • ストック量の推計(全国、東京圏)、物流不動産事業者の物流施設のストック分布(東京圏)
  • 物流施設の新規供給
    • 規模別の供給動向、県別の供給動向(東京圏、大阪圏)、テナントタイプの構成(マルチクライアント、シングルテナント)、BTSとマルチクライアントのメリット・デメリット、最近の大規模供給事例と今後の新規供給量、物流立地エリアの変化
  • 物流施設用地の取引動向  など

●物流施設の需給バランス

  • 東京圏、大阪圏の空室率・募集賃料、各県の募集賃料、J-REITの物流施設の稼働率、物流事業者等の動向(物件取得・ファンド組成動向等)など

■物流施設の業種別立地状況

*掲載図表はすべてイメージサンプルです

三井住友トラスト基礎研究所の強み

  • 荷主ニーズ(立地、経済条件等)の徹底リサーチ
  • 中大型賃貸物流施設の需給に関する定量分析と予測

関連レポート

お問い合わせはこちらまで

当事例に関して、ご質問やご不明な点などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
業務依頼のご相談も承ります。

お電話でのお問い合わせ

投資調査第1部・第2部 03-6430-1337

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームより必須事項をご入力のうえ、送信してください。