不動産の資産価値のリスク評価のフレームを構築します


■ 導入実績企業・団体様
銀行、リース会社

■資産価値の構成要素(NOIを変動させる要素、キャップレートを変動させる要素)に、将来の期待値(予測値)および変動可能性を与えることで、資産価値の予測値および変動可能性(VaR;バリューアットリスク)を計量

*掲載図表はすべてイメージサンプルです

三井住友トラスト基礎研究所の強み

  • 不動産の将来価値予測を基点にしたVaR(バリューアットリスク)の計量
  • 裏付け不動産のリスク量を基にしたエクイティ、デットのポジション別リスクの計量

お問い合わせはこちらまで

当事例に関して、ご質問やご不明な点などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
業務依頼のご相談も承ります。

お電話でのお問い合わせ

投資調査第1部・第2部 03-6430-1337

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームより必須事項をご入力のうえ、送信してください。